パピヨン★ぼの わくわくまいにち

BONO is big papillondog.

He is so lovely and smiles everyday.

He loves walking with mom and dad.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避けて通れないワクチン問題 3

24   0

前回、抗体価検査についてちょこっと触れましたがまた改めて書きます~。

抗体価検査とは、血液中に病原体に対する抗体を持っているかどうかを調べる検査です。
検査の結果、基準値を越えていれば抗体を持っていることになり、
ワクチンの追加接種は不要と判断されているようです。

この検査ですが、料金がバカにならないそうですね(汗)
一病原体ずつ調べますが、一病原体ごとに料金を払わなければならず、
その価格も病院によってまちまちとのこと。

そもそもこの検査を請け負ってくれる病院が身近にあるのかどうかも疑問です。
(ネチネチ探してみたら、ウチから行ける範囲にもあるにはありましたが)
「一病原体につき4000円でやってもらった」というブログの記事も目にしました。
それでも安いほうなんだとか。
もし、5種類の病原体を調べたとしてら2万円…(^^;!?

ぼののかかりつけの病院で「血中抗体価検査」を頼んだら、
ものすごーくイヤな顔されそう・・・(汗)




b11012703.jpg


血中抗体価の値が高いと、ワクチンの追加接種をしなくともよいとされていますが、
実際には、値が高くても感染を防ぐことができるかどうかは分からないそうですね。

これらの抗体は、いざ実際に感染したときにその病原体を認識はするものの、
抗体として機能しない可能性もあるんだそうです(汗)

つまり、血液中にある抗体は侵入してきたものに対し、
「こいつらは病原体だ!」と認識することはできるけど、
「じゃ、やっつけよう」と抗体が働くかどうかはわからないということです。
専門的な視点から見ると「抗体がある」ことと、
「抗体が機能する」ことは別問題なんだとか。

血中抗体価の値は「目安」でしかなく、
本当に抵抗力がついているかどうかを調べるには、
実際に病原体に感染させてみるしかないとのこと。

これを「暴露試験」というそうですが、
もちろん、そんなことできません(^^;




b11012702.jpg


感染といえば、ワクチンで血液中に抗体を作っても
「予防効果はどうなのか」という話もあります。

狂犬病は直接ガブリと噛まれて病原体を移されるので効果的かもしれませんが、
空気感染する伝染病では、病原体がいきなり血管のなかに入ってくることはないですよね。

たいていの場合、病原体はまずのどの粘膜に付着します。
すると、のどの粘液が「なんか病気がキター!」と病原体を包みこみ、
痰として排出しますが、粘液が負けてしまうと粘膜に炎症がおきてのどがはれます。
この段階でのどに抗体ができるそうですが、なんだか風邪の初期症状と一緒ですね。

これを突破されると、さらに内部の体の組織が防衛して抗体をつくります。
それもまた突破されると、病原体は血液中に入ってしまいますが、
やがて血中抗体がつくられて応戦、最終的には病原体を死滅させるのです。
(ここでやっとワクチンの効果があるのかな??)

やっぱり風邪の流れと一緒だな~(^^;

ワクチンを打っていても伝染病を発症してしまう子がいますが、
のどの粘膜が弱っているときに、病原体にさらされたら・・・
・・・突破されかねないのかもしれませんね。

ワクチンがのどや消化管など、身体の粘膜に抗体を作ってくれたら、
感染を予防する効果が数段アップしそうですが…。

免疫学の観点から見ると、ワクチンによる偽情報で抗体をつくるよりは、
実際に感染してそれを克服した方がより免疫力がアップすることがわかっているそうです。
結局、実際の感染を克服することが非常に重要だそうです。

と言われても…飼い主的にはビビリます(汗)




b11012704.jpg


いろいろ調べてみましたが、結局のところ
100%病気を防ぐ安全な方法なんてない・・・と分かりました(汗)

・ワクチンを打ちたいけど、保存料や副作用が怖い。
・安全面に目をつぶってワクチンを打っても100%効くとは限らない。
・たとえ、血中抗体価の値を確認できても抗体が働かないかもしれない。

常に何かしらのリスクが見え隠れしています。
・・・でも、こんなものなのかもしれませんね。

人間だって常に何かしらの感染にさらされてるんでしょうけど、
そう簡単には負けたりしないのだから、普通に生活できていれば
そこそこ頑丈で抵抗力もあるのではないでしょうか。

人間もわんこも「感染=即発症」ではないですよね。
そう思うしかない(笑)

結局、この秋のぼのの混合ワクチンをどうするか、秋まで悩み続けそうです。
ストンと思いきりのいい結果は出せそうもありません(汗)

それでも、まずは頑丈な体づくりのほうが大事だと思いました。
たとえ感染しても発症させないか、大病に至らない範囲で処理できる体を作らなくっちゃ!

なんでもガツガツしっかり食べて、
どんどん遊んで、走って、転んで、体を鍛えるべし!

ずっと考えいたワクチンの問題の情報整理とまとめとして、
長々と書いてしまいました。

むずかしい問題ですが、これからも勉強したいと思います。
最後まで読んでくださってありがとうございました♪






食べることなら任せてなボクにポチ
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

-24 Comments

パルクゥ says...""
3回にわたっての記事、食い入るように拝見しました(>_<)!
人と違ってまだまだわからないことだらけのワンコについて
こんなにしっかりお調べになってるぷくたまさんを尊敬します。
ただ受ければいいだけじゃないということを実感しました。
ぷくたまさん、興味深い情報、ありがとうございましたm(>_<)m
2011.01.27 16:09 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.01.27 18:11 | | # [edit]
k,s says...""
今晩は
凄く勉強されたようですね、感心しました
ほとんどが知らない話でした
駄目飼い主と痛感しました(涙

ただ、どうすれば一番良いのか
答えは飼い主が出さなければいけないのでしょうが
答えが出てきません。
2011.01.27 19:20 | URL | #- [edit]
day-suke says...""
ワクチンの問題は、正直難し過ぎますね。
知れば知るほど、答えがでそうに有りません。
ただ、人間もそうだけど、細菌に負けない身体づくりを
考えるのがベターなのかなって、自分も思いました。

3回に渡って、有意義な話をありがとうございました。
漠然と思ってたことを改めて考え直す良い機会になり
ました。感謝です。
2011.01.27 22:50 | URL | #sFxEFLMA [edit]
yumi-clip says...""
私もレオのワクチン接種の時は自分のことのように緊張して
しまいます。そして打った後の30分はショック症状が出ないか
いつも心配になってしまいます(汗)
レオのかかりつけにしている病院は9種ですよ。さっき、証明書
を調べて見たら犬レプトスピラ病ヘブドマディスの分が多いよう
です。飼い主としては、かかりつけが9種だから言われるまま
打つもんだで済ませていたところもあります。
抗体値検査や暴露試験など、知らない言葉も勉強になりました。
ふと「暴露試験」もされている実験犬なんてもいるんだろうななんて
思ったり・・・。
心配性の私も今秋の次回のレオの接種まで考えちゃうかも^^;
なぜか、かかりつけで質問しづらい問題でもあります。
でも、そんな質問にも気軽に答えてくれる先生が理想なんですけどね。
難しいけれど、考える機会をいただきました。
2011.01.27 23:00 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."パルクゥさん"
長い記事を読んでいただきありがとうございま~す。

前回のワクチンでぼのがとてもだるそうにしてたので、
せめて愛犬が背負うリスクの内容くらいは、
理解しておこうと思って調べてみました(^^;

むずかしい問題ですよね~。
2011.01.28 13:47 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."鍵コメさん"
コメントありがとうございますv-221
仰る通りだと思いますよ。
・・・ぼのは強運を持って生れてきたと思いたいです(^^;
2011.01.28 13:57 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."k.sさん"
腰痛で動けない時間にネチネチ調べました(笑)
難しい問題だし、リスクを知らずに
愛犬と終生過ごすのもアリなのかもしれません。

調べ始めるとキリがないようにも思うし、
相手は生き物なので絶対の答えなんてないですよね~。
2011.01.28 14:08 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."day-sukeさん"
わたしも漠然と考えていたんですけど、
腰痛で動けない時間があったのでネチネチと調べてみました(笑)

> ただ、人間もそうだけど、細菌に負けない身体づくりを
> 考えるのがベターなのかなって、自分も思いました。

やっぱりそうですよね~。
それにはやっぱり喰う、寝る、遊ぶかな(笑)

長い記事を読んでいただきありがとうございました!
2011.01.28 14:16 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."yumi-clipさん"
9種というのもあるんですね。
知らなかったです(^^;

ぼのは接種した日はずっとだるそうにしてました。
こんな具合が悪くなるものを打っていいのか??と疑問で、
ネチネチと調べてみたんです(汗)

ウチのかかりつけの先生は、いい先生なんだけどワンマンタイプで(汗)
あまり質問とかしづらいんですよね~。
病院を変えることも考えますが、歯も磨いてくれるありがたい病院なので
ますます悩んでしまいますぅ。
2011.01.28 14:24 | URL | #- [edit]
みぃ says...""
こんにちわ♪
何となく漠然と「ワクチン」については知っていましたが、
こんなに掘り下げて記事にしていただきありがとうございます。
やはり、何を選ぶのかは飼い主という事と
何かしらのリスクはあるということなのでしょうか・・・?
だから人それぞれの結論があるのかも知れませんね。
2011.01.28 15:08 | URL | #- [edit]
ユキチ says...""
ワクチンについて、ためになるお話、ありがとうございます。
とっても勉強になりました(^-^)

まぁ、リスクを減らすためにワクチンも打ちますが、
一番頼りになるのは、そのコ自身の防衛機能ってことなんでしょうね。

それはそうと、抗体価検査って高いんですねぇ。
もう少し安ければ、検査して必要だったら接種、という選択肢も、私はありだと思ったんですが……
我が家では無理だな~。
2011.01.28 17:04 | URL | #bbI7M1nI [edit]
さむらいママ says...""
ぷくたまさんこんにちは。
腰の具合はいかがですか?
無理しないでゆっくり治してくださいね。
ワクチンのお話とても勉強になりました。
私は何の知識も無く・・・。
来月か再来月にライの手術で病院へ行くので
聞いてみたいと思います。
(病院を変えたのでまた違う事が聞けたりするかも?)
本当に避けては通れない問題ですね。
色々と考える良い機会になりました。
ぷくたまさんありがとうございます!
2011.01.28 18:32 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."みぃさん"
ワクチンについて一度は書いておこうと思っていました。
難しい問題ですよね。

どれをチョイスするにしても、リスクは避けられないようです。
ライフスタイルや体調、体質を考えたうえで、
愛犬にあうものを選んであげたいですね(^^)
2011.01.28 21:20 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."ユキチさん"
> まぁ、リスクを減らすためにワクチンも打ちますが、
> 一番頼りになるのは、そのコ自身の防衛機能ってことなんでしょうね。

わんこ自身の免疫力を高めておくことって重要なようです。
しっかり食べて、きちんと運動することが免疫力を高めることに繋がるそうですよ。
ウチの場合は、いまのままでいいんだって感じです(笑)

> それはそうと、抗体価検査って高いんですねぇ。

高いと現実的に考えにくいですよね(汗)
ウチもありかなと思ったんですけど・・・
高いし、確実でもないとなると考えてしまいますね(^^;
2011.01.28 21:25 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."さむらいママさん"
さむらいママさん、こんばんは。
腰はジワジワ良くなってます。
ありがとうございます・・・。

ワクチン・・・、去年、ぼのがずいぶん辛そうだったので、
避けられればいいのにと思って調べてみました。
難しい問題ですよね。


ライくん、手術・・・(汗)!?
2011.01.28 21:28 | URL | #- [edit]
ぐりん says...""
こんばんは。
前の記事から興味深く読ませていただいてました~
抗体価検査、私も気になってたとこです。
読んでやっぱり「そんなに高いんだ‥!」って思ったのと、
抗体があるからといって‥というところは、「そうなんだ‥」と、とても参考になりました。
読ませてもらって良かったです。ありがとうございます^-^

ワクチンのこと、難しいですよね。
でも、「何でもないことではないんだ」ということを知っておくだけでも、飼い主には意味があることだと思います。
チャピはうちに来て、最初のワクチン接種(6種)で、ムーンフェイスの症状が出ちゃったんです。だからそれ以来ずっと5種。それでも毎年、接種のときはドキドキします。体調のいいときを選んで、何かあってもすぐ病院へ行ける時間帯に接種しています。

それからこの場をお借りして申し訳ないんですが、
今日、目を通すだけでもお願いしたい記事を書きました。
ぷくたまさんは既にご存知の内容かもしれないんですけど、
もしよかったら、目を通すだけでも1度覗いてやってくださいませm(__)m
こんなこと書いちゃってゴメンナサイね。
どうぞよろしくお願いします。
2011.01.28 21:40 | URL | #j7wqdSEg [edit]
まままま says...""
すみません、きのうのコメントに間違いがあります。
調べてみたら予防接種11種じゃなくて9種でした。
獣医さんを変えて2つ増えたので勘違いしてました。
ドヒバック7からキャナイン9になったのです。
2つふえたのはレプトスピラが2つ増えてました。
バルは予防接種よりフロントラインのほうがイライラしてました。
副作用がでる場合はもちろんですが、接種当日~2週間くらいは様子をこまめにチェックです。
バルは16才でお星になりましたが15才まで予防接種してました。
うちの場合は副作用が出なかったからよかったですが、獣医さんとの信頼関係もあります。
うちの獣医さんは犬に自然な獣医さんなんです。
飼い主目線じゃなく犬目線の診察だったので、私は予防接種も言われるまま信頼してました。
ぷくたまさんの言われるように感染の恐れのない季節にしなくていいワクチンまで接種する必要はないですね。
飼い主もぷくたまさんのようにもっともっと勉強せなあきません。
丈夫だったバルに今さらながら感謝です。


2011.01.29 00:19 | URL | #- [edit]
ひとしん says...""
こんにちは♪
人間のインフルエンザの予防接種も、100%かからないってワケでは
ないですもんねー。
やらないよりは、やった方が良いけど、副作用は怖い。。。

ダニ・ノミ予防のお薬で、ひとしはアレルギー反応が出て顔とタマタマが腫れあがった事があるんです。
その程度で済んだから良かったですが、薬の効き目って本当にスゴイし、怖いんだと実感しました。
あんなにデカくて健康そうなのに・・・(笑)

為になるお話、ありがとうございました!
2011.01.29 11:19 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."ぐりんさん"
こんばんは~。

> 抗体価検査、私も気になってたとこです。

これってホントに病院でピンキリらしくて、
普通に無料でやってもらってた、なんて記述もあったりしたんですよ(^^;

たしかに抗体価の値が高ければ、
その時点でのワクチンの追加接種は不要となるので
目安にしかならないにしても調べてみたいなぁと思うんですけどね~。

参考になれば、幸いです。

> でも、「何でもないことではないんだ」ということを知っておくだけでも、
飼い主には意味があることだと思います。

そう言っていただけると書いてよかったかなと思います。
ヘンに不安を煽ってしまうかも・・・と心配でもあったので。

チャピさん、ムーンフェイスが出ちゃったんですね(汗)
5種は大丈夫ってお話をよく聞くので、ウチも打つなら5種にしたいと思います。

ぐりんさんの記事のほうは拝見しました。
ウチは署名に協力します。
2011.01.29 21:00 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."ままままさん"
> 調べてみたら予防接種11種じゃなくて9種でした。

了解です!
わざわざ調べていただいたんですね(^^;
ありがとうございました。

バルくん、フロントラインが嫌だったのね。
ぼのは昨年夏の終わりにフロントラインで悲鳴をあげていたので、
今年はべつの会社の薬を使おうと思っています。

ままままさんは信頼できる獣医さんがかかりつけだったんですね。
それって最高だと思います。
犬に自然な獣医さんならなおさらです(^^)

ぼのが薬関係には過敏に反応するので心配で
いろいろ調べるようになりました(汗)
丈夫だったら、ほったらかしだったかもしれません。
2011.01.29 21:09 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."ひとしんさん"
両親にはインフルエンザの予防接種は受けるな、と伝えてます(^^;
こちらは副作用のほうが怖いです。

ひとしくんもアレルギー反応が出たことがあるんですね。
タマタマが腫れるって痛そう(^^;;

ウチもデカいわりには影響を受けやすいんですよ~。
今年はフロントライン以外の薬を使うつもりです。
2011.01.29 23:07 | URL | #- [edit]
みかん says..."こんばんは"
こちらには初コメです♪
私もちょっと前にワクチン問題について記事にしてたので、書き込みさせていただきます♪

1週間ほど前、抗体価検査に行ってきました。
そこの病院は国へデータを提出するためちょっと特殊だそうで、結果が出るまでに約1ヶ月かかるそうです。
あくまで目安なのは知ってますが、生まれた年にしか接種してないので、どうなってるか興味があって行ってきました(o´・∀・`o)

そこの先生のお話では、製造メーカーによって副作用の出る率に差があり、副作用の確率が高いメーカーの5種より、副作用率の少ないメーカーの9種の方が安全性も高いそうです。

何か参考になれば♪
2011.01.30 01:13 | URL | #pprjMJPo [edit]
ぷくたま says..."みかんさん"
わぁ、こちらにまでお越しいただきありがとうございます。

> 1週間ほど前、抗体価検査に行ってきました。
> そこの病院は国へデータを提出するためちょっと特殊だそうで、結果が出るまでに約1ヶ月かかるそうです。
> あくまで目安なのは知ってますが、生まれた年にしか接種してないので、どうなってるか興味があって行ってきました(o´・∀・`o)

検査に行かれたとの記事、うらやましく拝見してました(笑)
ウチも目安にしても一度は調べてみたいです~。
少なくともワクチンが不要かどうか分かりますもんね。
興味アリアリです。

病院が特殊なトコなんですか。
ホントに病院によって違うんですね・・・(^^;


> そこの先生のお話では、製造メーカーによって副作用の出る率に差があり、副作用の確率が高いメーカーの5種より、副作用率の少ないメーカーの9種の方が安全性も高いそうです。

メーカーによって副作用の出る率に差があるそうですね。
副作用率の少ないメーカーの9種のほうが安全性が高いとは初めて聞きました。

しかしそう言われても、
飼い主にはどのメーカーかどうなのか分からないので困っちゃいますね(^^;
2011.01.30 14:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pukutama02.blog36.fc2.com/tb.php/536-11599599
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。