パピヨン★ぼの わくわくまいにち

BONO is big papillondog.

He is so lovely and smiles everyday.

He loves walking with mom and dad.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後のふくちゃん

26   0

今日はふくちゃんのその後をお伝えしますね。


b10102302.jpg

10月6日に捕獲したふくちゃん。

少しはこのケージ生活に慣れたかというと・・・ぜんぜんダメです。
まーったく慣れていません(-人-;)

捕獲した当初は、怖がっていても仕方がないな、、と思い、
気休めにモーツァルトなんて流してみたりしましたが、効果はまったくないみたい。

ただひたすらに出たがって鳴きに鳴く。
アオオー、アオオー、、とうるさい、うるさい・・・。




b10102303.jpg

外に出られないストレスを、
隠れ家として用意したダンボールにぶつけるふくちゃん。
ダンボールに喰らいつき、引きちぎり、バラバラにしていく。。

鳴き声も日々エスカレート。
鳴き声というよりは、叫び声に変わっていった。

アオオッ!!アオオッ!!アオオッ!!
アァーーーッ!アァーーーッ!アァーーーッ!アァーーーッ!アァーーーッ!

と、夜じゅう吠え続けることほぼ毎夜。
夜中に叫び声で起きてしまうことなんてザラです。
叫んでいるときに様子を見に行くとシャーッ!!って威嚇されます。
・・・ふくちゃん、ちょっと様子がヘンかも。

とーちゃんは耳栓を用意するようになった。




b10102304.jpg

ある朝のダンボール。
底の部分以外、なくなっていました。

夜中じゅう、荒れに荒れて、すべて破壊してしまったらしい(^^;
ごはん皿も水入れもすべてひっくり返し、
ケージのなかは竜巻が起こったかのように荒れていました(汗)
もう何回スーパーでいらないダンボールをもらってきたことか。

破壊されるたびにとーちゃんが作り直します。




b10102301.jpg

彼女にとっては理不尽に拉致され、監禁されたも同じ。
耐えられずに叫び続け、破壊の限りを尽くすのです。
わたしたちは保護しているのではなく、虐待しているのかもしれません。。

野良で生まれ育ち、出産経験もあるふくちゃん。
神経質で臆病で、ものすごく気が強い。

どうやらふくちゃんにはこの環境になれ、
人間に慣れるなんてことはできそうもないんです。




b10102305.jpg

ある日、彼女の耳と鼻がまっ白になっていました。
貧血・・・!?

正直、我々人間もかなりげんなりしているので、
ふくを手術してもらった動物病院へ相談に行きました。

ふくの状態をお話すると、
やはり彼女が慣れてくれることは難しそうだと言われてしまいました。
鼻と耳が白くなっていたのもストレスでコーフン状態にあるからだそうで。。

とりあえず、精神安定剤のようなものを処方してもらいました。
「効くとは限りませんが・・・」とのことでしたが。
それでも親身に相談に乗ってくれてありがたかったです。
外に放したとしても、やむを得ないとも。。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

・・・そして、その安定剤は彼女の心には効かなかったのです(-人-;)
体には効果があるので、足元がよろけたりはするし、
眠るときは眠れるみたいだけど、それでも突然叫び出します(汗)


ふくちゃん、外に出たい・・・?
でも、もう元の場所には返せないんだよ。

それでも外に出たい?
生きて行かれるかどうか・・むずかしい状態になるけど。

いまもPCを叩くわたしの後ろでウォーウォー叫びながら
ダンボールを引きちぎってます(汗)
目は明後日のほう見ています・・・。


正直、ふくちゃんのことでは途方にくれております。





ボクはあんまり気にならないんだ~♪ ←コレ、救いです(汗)
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

-26 Comments

ルークママ says...""
嫌ぁぁぁあ、これは大変!破壊活動はちょっと笑えますが
ほんと鼻と耳が真っ白になってるv-12
こんなの初めて見ました。一日中怒って鳴いてるって
大変ですね、ふくちゃんちょっと可哀想ね・・・

うちの実家の王様も満腹になるまで喋って、鳴いてで
時々”あ~~うるさいっ”って感じですもの。気が済むまで
鳴いてるって事はふくちゃんはいつまでも気が済みませんよね。
”またたび”とかでご機嫌直してくれないかしら?

”ぷくたまさん”と”とーちゃんさん”のご苦労とご心労には
頭が下がります。先があまり見えない大問題ですね。
猫派としては・・・いままでケージで暮らした事ないのに
いきなりそうなった!というのはふくちゃんにしてみると
有り得ないでしょうね・・・そういう猫が室内飼いになる
事すら不可能に近いと思いますものね・・・

ぼの君がまったく我関せずっていうのが唯一ほっとしますね。
いやぁ、ふくちゃん云う事聞いてのんびりケージ暮らしに
慣れてくれないかな?でも難しそうですね・・・(汗)
2010.10.23 23:10 | URL | #- [edit]
day-suke says...""
ふくちゃんの破壊活動は、凄いですね。だいぶ苛立ってるんですね。
いくら慣れてても、やはり野生で生きてきたから、狭い所に閉じ込め
られてるのは苦痛なんでしょうね。

でも、ふくちゃんには伝わらないかも知れないけど、ぷくたまさん達の
ご苦労は、きっと報われますよ。

それに、ぼの君が気にしてなくて良かった。そこは、救いになりますね。
2010.10.24 10:02 | URL | #sFxEFLMA [edit]
RONパパ says...""
ふくちゃんの記事にはずっと目を通しています。
猫は犬に比べて自分の場所があればケージでの飼育が比較的しやすい動物でマンション等でケージ飼いされている方や一部屋だけでの飼育もできる動物ですが、やはり外に慣れているふくちゃんには今の状態はちょっと無理な気がしてしまいます。
これではぷくたまさんと、とーちゃんへの負担が私は心配でなりません。
自宅付近へ放す事は出来ませんが、もともと野良だった彼女はやはり自然に戻してあげるしかないかもしれませんね、無責任だと言われる方もみえると思いますが、十分責任は果たされていると思います。
私なら出来るだけ住みやすい田舎を見つけて自然に戻すかもしれません。
犬と違い猫は自分で狩りも出来るようになりますし、保健所の保護対象にも田舎であればならないと思います。
とにかく無理はされないで下さい。
P.S
話は変わりますが、前回の記事にもありましたがぼの君の手作り食で塩分等はどうされていますか?
ドッグフードには塩分も含めバランスよく配合されていますが、手作り食での難しい部分だと思いますが、是非教えて欲しいです。
昔は犬に塩分は不要だ、みたいな考え方しかなかったみたいですが、現在では犬の生態(すべての恒温動物)には塩分は必要という考え方が今では一般的になっていますね。
もちろん犬の必要塩分は人間の非ではなく極微量ですが、その微量を与えるのに私も苦労しています。
昆布の粉末等であれば手軽に与えられると最近耳にして、私も色々考えています。
難しいですね、バランスよく考えるのは、ぷくたまさんには手作り食で頭が下がります。
2010.10.24 19:17 | URL | #- [edit]
k.s says...""
今晩は
ふくちゃん、ちょっとやばそうですね
皮膚の色が変わるのはストレスが要因のようですね
とーちゃん耳栓ですか、これは少し考えた方が良さそうな

隣の叔父さんが事の始まりですから、一回話し合ってみては
いかがでしょうか、ふくちゃんもぷくたまさん・とーちゃんも
身体を壊しては大変ですよ。
2010.10.24 19:26 | URL | #- [edit]
ぼのファン says...""
大変なことになっているのですね。心労お察しします。
毎日ボロボロになった段ボールを見る度に、お二人はやるせない気持ちになられていると想像します。

鼻の色がかわるなんて、やはり野生生活が長かったからすごいストレスなんですね。
里親が決まっても共同生活は難しそうですし、少し離れたところで放してあげるのがいいのかもと思います。
ぷくたま家のお世話になる前は、ずっと野生で生き延びてきたんだから大丈夫と言い聞かせて。
お二人の滅入った気持ちはぼの君にも伝わるでしょうから、状況が好転する兆しのない今、結論を出す時期かなと思います。
お二人はもう十分できることをなさったと思いますし頭が下がります。
2010.10.24 19:48 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."ルークママさん"
ふくちゃん、寝てるか吠えてるかです(^^;
ケージ暮らしは彼女にとって拷問かも。。
またたびも、爪とぎも一蹴されましたよ(笑)

亡き愛猫も吠えるように鳴くうるさい子でしたけど、
ふくちゃんの鳴き方は、常軌を逸してます。。

彼女にとって最善な道はなんなんでしょうね。
2010.10.24 22:18 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."day-sukeさん"
ふくちゃんにとってケージ暮らしは辛いもののようです。
彼女にとっての最善な道を探そうと思います。

ぼのはふくちゃんの鳴き声をほとんど気にしません。
大暴れしてガターンと大きな音がしたときはビビッてますが(^^;
2010.10.24 22:19 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."RONパパさん"
ふくちゃん、とても厳しい状況にあります(^^;
時間をかけても、ケージ暮らしに慣れる可能性は低そうです。
最善の道を探してあげようと思います。
わたしたちへご心配いただき、ありがとうございます。
ぼのの明るさに救われています。

塩分の件ですが、
わたしも塩分はわんこにとって必要なミネラルのひとつだと思いますし、
ペット食育協会でもそう教わりました。
塩分の摂取量に関しては、正直いって気にしておりません。

ふだんからにぼしやダシ昆布、ひじきなどを手作りごはんに使っていますが、
これらには塩分が含まれているので必要分は摂取できていると思います。

ぼのが大好きな麺類にも塩分は含まれていますし、
叔母の手作りの味噌を箸でひとつまみほどごはんに入れることもあります。
また、パルメザンチーズをひとふりすることもあるんですよ。
そう考えるとなかなかの塩分量かもしれません(笑)

ぼのの体は必要な塩分は使うでしょうし、いらなければ排出しているでしょう。
ふつうの健康状態にあるわんこなら、尿と一緒に排出できるので心配はありません。

ただ、わたしは塩分を与えるぶん、排出を助ける食材も与えるようにしています。
塩分を排出を助けてくれる代表的な成分はカリウムですよね。
だからカリウムを多く含む食材もごはんに使うようにしているんです。
ほうれんそうとか、お芋類、きゅうりやトマトにも多かったかな。
また、海藻にもカリウムは多いそうですよ。
塩分もカリウムもあるなんて海藻はバランスがとれていますね。

そうそう、バナナもぼのと毎朝一緒に食べているんですよ(^^)
バナナにもカリウムは多いです。
これだけいろいろと食べていれば大丈夫だろう、、と思っています。

塩分の摂取を考えることは大切ですが、
排出することも合わせて考えてみてはいかがでしょうか。
2010.10.24 22:27 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."k.sさん"
ふくちゃん、ヤバいんですよ~。
わたしたちもちょっとお疲れ気味です。

隣のおじさんは猫が大嫌いなのです。
いまでも庭にはバリバリの猫よけの工夫を凝らしています。
話し合うのはまず無理そう。。
嫌いだという人の気持ち尊重する必要しないと。。
猫の保護って難しいですね(汗)
2010.10.24 22:28 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."ぼのファンさん"
床しか残ってない段ボールを見たときは絶句しました(笑)
慣れたら里親さんを探して・・・なんて甘かったです。
彼女の幸せの道、なんとか探そうと思っています。

ぼのには滅入った顔を見せないようにしています。
こちらが不安そうな顔をしたら移ってしまいそうだし。
でも、その心配はないほどにぼのは明るいです(笑)
その明るさに救われています(^^)
2010.10.24 22:30 | URL | #- [edit]
まままま says...""
ご苦労お察しいたします。
大変ですねー。
ふくちゃんにとっても大変ですねー。
お外に散歩でも行ってあげたら、ふくちゃんもちょっとは気晴らしになるかな?
いえいえ、触らせないんだから首輪もリードもできないですよね。
いっそのこと豪華3階建てケージごとお庭にだしたら ふくちゃんもお外を見れてストレスも半減する?
いえいえ、そんなんしたら近所中に響き渡る声で「あおぉ~!」
またお隣のじいさんが出てきてしまいますね。
このようなことはぷくたまさんちでも十分お考えになったと思います。
ああ、なんにもいい案がでてこなくて申しわけない。
ホント、ぼのちゃんが夜鳴きにつられることなくて救われますね。
ああ、なにかいい案はないかしら。
ああ…。
2010.10.24 22:37 | URL | #- [edit]
そら says...""
ふくちゃん、ストレスからの問題行動でしょうか。
ネコは夜行性だから、夜鳴きで大変ですね。
・・・ふくちゃん、どうしたらいいんだろ・・・。
難しい問題です。
まだ子猫だったら環境に順応するし、
飼い主さんもみつかるんだろうけど。
ふくちゃんの事を思うと、外に出してあげたくなりますね。
でも、またおっさんの問題もあるし、、、
避妊までしてあげてるなら、地域ネコに取り組んでる場所に
離してあげるとか。(許可が必要なのかな?)
とーちゃん、ぷくたまさんの動物に対する愛情は
頭が下がります。
どうか、よい解決方法が見つかりますように !!
2010.10.24 22:41 | URL | #- [edit]
からこ says...""
ふくちゃん…
ぷくたまさんは出来うる限りこのことをしてる
これ以上どうしたらいいんでしょうね
経験豊富な保護団体にそういうときはどうしたらいいのか相談してみるとか…
なにかいいアイデアを持ってるかもしれませんよ
2010.10.24 22:49 | URL | #3un.pJ2M [edit]
パピラヴママ says...""
ふくちゃんは本当に野性の猫ちゃんだったんですね
普通は何日かすれば諦めて今の生活に…って思いますが
ふくちゃんには無理なんですね
ぷくたまさんととーちゃんさんも辛いですね(*_*)
二人とも心労が重なって心配です…
里親もやはり無理でしょうしこんな事言ってはいけないかも知れないけど
何処か猫仲間がいる公園とかに離してあげるのがいいかも…
ふくちゃんにとって1番いい選択は難しいですね。
2010.10.24 22:54 | URL | #- [edit]
はむはは says...""
大変な状況になっているんですね。
獣医は動物を助けているのに動物に嫌われる職業と言われていますが
ぷくたまさん家もまさにそんな状態ですね。
ふくちゃんとお話ができるといいのに。

東京の事情にはうといので、お役に立てませんが、
どこかに相談なさったらいかがでしょうか。

よくわからないけれども
http://www.tokyocatguardian.org/
とか。

ぷくたまさん、とーちゃんさん、ぼのちゃん、
体調を崩されませんように。

ふくちゃん、ぷくたまさんの気持ちをわかってあげてね。
2010.10.25 03:15 | URL | #GaenHm5U [edit]
さむらいママ says...""
そんなに大変な事になってたんですね・・・
安定剤も効かず お鼻の色も変わってしまったとは
驚きです・・・
今まで私も何度か保護した事ありますけど初めてかも?です
ふくちゃんは野生の血がとても濃いのでしょうね
必ず良い方法はあると思うのですがそこにたどり着くまでが
苦労するんですよね(涙)
応援しか出来なくてすみません
ぼの君が気にしてなくて本当に良かった!!
2010.10.25 05:05 | URL | #- [edit]
yumi-clip says...""
ふくちゃん、大変ですね~・・・
このままずっと・・・は、ますますストレスになりますね。
ふくちゃんも、人間も。
どこかで飼ってくれるお宅はないものでしょうかね。
庭に放すにしても犬ならともかく猫とあっては動物園の
檻のようなドームが必要になってしまうだろうし。

動物病院では里親探しに協力はしてくれないでしょうか?
近くのスーパーとかに張り紙、フリーペーパーに載せる・・・

ただ、ぼのくんが気にしてないのが安心だけど。
ぷくたまさん、胃、こわさないでくださいね。
2010.10.25 13:30 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."ままままさん"
いろいろと考えてくださりありがとうございます。

いちばんしんどい思いをしているのは、ふくちゃんですよね(^^;
昼間、ブラインド越しに外を見て吠えてる姿を見ると、
逆に見せないほうがいいのではないかと思ってしまいます。

お手上げ状態に近いけど、なんとか考えていこうと思います。
2010.10.25 18:41 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."そらさん"
昼間も寝てたと思ったら、ひょいと起きて叫びだします。

地域猫に取り組んでるところに放すということもありえますが、
その場の猫たちに追い払われる可能性も高いです。
メスなので気に入られる可能性もありますが。。

なんとか考えていこうと思ってます(^^)
2010.10.25 18:42 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."からこさん"
動物病院や、市の環境保護課に相談しましたが、
みんな「うーん・・・」でした(^^;
保護団体にも電話してみたけど繋がらなくて~。

彼女の野生の血は消えないかも。。
動物の保護は難しい問題ですね。
2010.10.25 18:43 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."パピラヴママさん"
時間が解決すると思っていましたが、
ふくちゃんに関しては無理かも・・・と思うようになりました。

いちばんいい選択を考えようと思います。
ご心配ありがとうございます。
2010.10.25 18:44 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."はむははさん"
ふくちゃんには思いっきり嫌われてます(^^;
病院や市にも相談しましたが、見通し暗い答えばかりでした。

教えてくださった「キャットガーディアン」は初めて知りました。
ネコたちに幸せの機会が増えるのはうれしいです。
我が家には費用の面からいっても無理ですが・・・(汗)
2010.10.25 18:45 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."さむらいママさん"
ふくちゃんはメッチャメチャ気が強いネコでした(^^;
ひとりで子どもを育てながら生き抜いてきただけのことはあります(汗)

良い方法をあれこれ模索してきましたが、
なかなかいい方法というのはないものですね。
彼女にとってベストな選択をしてあげたいものです。

応援ありがとうございます。
2010.10.25 18:47 | URL | #- [edit]
ぷくたま says..."yumi-clipさん"
いずれは里親さんを探して譲渡・・・と考えてきましたが、
それ以前に暗礁に乗り上げてしまいました。
「まったく人に慣れていない、叫びまくる気の強い成猫」じゃ…。

ご心配いただきありがとうございます(^^)
2010.10.25 18:47 | URL | #- [edit]
あいこ says...""
ひそかに、ふくちゃんのこと心配していましたが
こんなに大変なことになっていたんですね。
うちの近所に猫屋敷みたいな御うちがあるので
ふくちゃんお願いできないか
聞いてみようかと思ったら
ご近所の奥さんの話では
猫が大すぎて問題が起きてるって聞いて
あきらめました。
なにもできなくて申し訳ない。
何か、お役に立ちたかったのですが。

ダンボールを毎日粉々にするふくちゃん、
顔が白くなったふくちゃん、、、
なんか予想外に大変で
ぷくたまさんご夫婦のご苦労、お察しいたします。
なんとか、良い方法って言っても
ふくちゃんの野生は本物だから
人間のおうちで飼われるのは難しいんでしょうね。
2010.10.25 21:37 | URL | #XD/8Df/M [edit]
ぷくたま says..."あいこさん"
ご心配いただき、ありがとうございます。
ふくは激しく鳴き叫んでますから、
いまの状態ではどこにも保護はお願いできないと思います。
ご近所の方に聞いてみようと気にしてくださったなんて、感謝感激です。
本当にありがとうございます。

ふくちゃんの激しい抵抗に、野生の強さを感じています。
彼女にとってベストなチョイスをしたいと思ってます。
2010.10.27 01:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pukutama02.blog36.fc2.com/tb.php/459-056f1f0f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。