パピヨン★ぼの わくわくまいにち

BONO is big papillondog.

He is so lovely and smiles everyday.

He loves walking with mom and dad.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイダイナミックレンジ

12   0

今日はとーちゃん記事です~。
――――――――――――――――――――――――――

ぼのの写真をHDR化してみました。
それぞれの写真の上が通常撮影したもの。
下がHDR化したものです。

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略です。
ダイナミックレンジとは、写真において最も明るい部分と、
最も暗い部分の差、あるいは比。


A-001.jpg


実際の風景などの広い範囲のダイナミックレンジを、
そのまま写真として記録することは現在のカメラではほとんど不可能です。

分かりやすい説明として、
真夏の強い日差しの日中、部屋の中から窓の外を撮影するとします。

窓の外の景色に合わせて撮影すると、部屋の中は真っ黒につぶれてしまいます。
逆に部屋の様子が分かるように撮影すると、窓の外は真っ白になってしまいます。

両方を目に見えるままカメラに収めることは非常に難しい作業です。


そこで露出(写真を明るく撮るか、暗く撮るかの設定)を変え、
同じ写真を数枚撮影します。
通常はブラケット撮影という方法で撮ります。
まったく同じ写真ながら、明るさがそれぞれ違うものが撮れます。

これらの写真のいい部分だけを抜き取ってひとつに合成すると、
目にしたままに近い絵が出来上がります。




B-001.jpg



C-001.jpg

合成の方法に手を加えれば、夢の中のような魅力ある写真も作ることが可能です。

どんな写真でもHDR化すればいい・・・というものではありません。
目的に応じて、また写真の中身によって好みでの作業となります。


HDR化することで逆に見栄えが悪くなることもありますが、
合成する人間のスキルも大いに影響します。

今回のぼのの写真はお世辞にもイイ出来とは言えませんが、
こんな写真も出来る・・という程度でご覧ください。


ネット上で「ハイダイナミック」と検索すれば、
素晴らしい作品を多く見ることができます。





絵みたいになったボクにポチください。
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

-12 Comments

とーちゃんさまファン says...""
とーちゃんさま、こんにちは~♪ハイダイナミックレンジ、知りませんでした。これはカメラじゃなくて画像ソフトの機能ですか?
私はイチデジはRAWで撮ってRAW現像ソフトで適当にJPEGになおして、アドビのファイヤーワークス(5年前くらいの)でWEB用に作ってます。5年前のファイヤーワークスだから今の機能って全然わかりません。でもアドビって高いから、主婦のブログ遊びには5年前のソフトでいいや~って感じです。下手に最近の画像ソフト買うと、重くてパソコン固まりそうで。。。
犬ブログだと、犬の表情とかが可愛いんだけど、私は時々、写真の絵的な美しさにこだわってしまうので、カメラやソフトにこういう機能あったら使い倒すだろうな~と思います。でもセンスないんですよね。とーちゃんさまのセンスに憧れます。
画像いじりは好きだけどメンドクサイのは嫌いなんで、実際はファイヤーワークス使っていても色調整と言うよりトーンカーブばっかりです。暗いところは「覆い焼き」?ブラシで適当になぞって明るくしてます。

こういうの自在に作れたらいいですね。
あまり絵にこだわると、犬の表情がつぶれちゃうから、犬ブログとしては犬を引き立てる絵をつくるのが、こだわりどころですね~。
イチデジで、犬を引き立てるため背景をぼかすように、犬の動きや表情の雰囲気を浮き上がらせるように、背景の落とし所を決めるのが面白そうです。

2009.12.18 15:32 | URL | #uUXI4AD. [edit]
lovepapi says...""
うーーん、カメラって本当に奥深いですね。
すごく勉強になりました!(私は普通のコンデジしか持って
いないのですが^^;)一眼レフ、憧れです*^^*

前回の記事の可愛い服ですが、ピンク色も新鮮だしグリ-ン
のも茶色の耳の毛にぴったり!どちらも凄く似合ってますね☆

今朝ぼのくんが夢に登場しましたー(笑)
私がぷくたまさん宅にお邪魔していて、ぼのくんは背を向けて
ハウスの中に(笑)何故か毛色は白とグレ-のしましまで凄く
小柄なんです(笑) それで、わ~ぼのくん!実物はちっちゃいー♪
かわいいねー♪なんて言ってると、ぼのくんが振り向き・・・
そしたら何と可愛いネコで・・・ネコなんだけど、それはちゃんと
わくわく毎日のぼのくんって設定(?)なんです。

夢なので変てこも有りで(笑) 寝る前に雑誌を読んでいて、
「最高の1枚を投稿して賞金がなんとか・・・」と言う記事を読み、
その時に、以前の「ぼのくんと小さな男の子のダンス」写真を
思い出し、あ~あれ凄く良い写真だったな~♪ぷくたまさん
送ったらいいのにな~などと思ったからかも(笑)

ぼのくん夢に出てくれてアリガト(笑)
長くなってしまいました^^;スミマセン
2009.12.18 15:46 | URL | #- [edit]
ぼのファン says...""
とーちゃん様、再登場ありがとうございます。
ぷくたまさんの旅行中の留守番時以来ですね。

HDRとかブラケット撮影とか、言葉さえも知りませんでした(^^;
私は古いコンデジしか持っていないので、当然ブラケット撮影なる機能はついていないのですが、
露出を変えて複数枚撮るということは、動く被写体には使用できないのですか?

過去の記事にもHDR合成をした写真は使用されているのでしょうか?
全然気づかずに楽しませてもらってました。
これからはもっと注意深く努力の跡とその効果を楽しみながら拝見させていただきます(^^)

次回のレクチャーも楽しみにお待ちしています。

ps
ふと思いついたので、ご提案なのですが。。。
これまでに使用されたトップの歴代イラストのミニ版を画面の左下(ブログリンクの近辺)に並べるのはいかがでしょう?
で、クリックでオリジナルサイズの本物が見えるように。
せっかくの労作ですから、いつでも見れるといいなーと思ってました。
2009.12.18 16:46 | URL | #- [edit]
ぼのとーちゃん says...""
■とーちゃんファンさん

とても恥ずかしいハンドルネームですね(^^;;)

ハイダイナミックレンジそのものは、ソフトの機能ではなくダイナミックレンジの広い範囲を表現した写真・・・といった意味で今は使われているようです。

RAWで撮影されてるんですか!
それは毎回現像作業が大変ですね。
枚数がある場合は特に・・・。
メモリーカードもすぐにいっぱいになってしまいそう。

Fireworksは使い道がほとんど限定されているようなソフトですから、5年前のものでも十分だと思います。
道具も大切ですが、なにを写真に求めるか・・ですよね。
「絵的な美しさ」、素晴らしいと思います。
自分も同じです。
写真といっても撮る人間によってそれは作品になっていきますね。

「トーンカーブ」や「覆い焼き」をお使いならかなりの画像補正マニアなのですね。
自分の場合は同じように「覆い焼き」「焼きこみ」あるいは「レベル補正」「カラーバランス」「アンシャープフィルター」などをよく使います。
しかし、使うといってもほんの少々です(^^)
トーンカーブは作業が繊細になりすぎてしまう印象があって、犬の写真にはまったく使っていません。

最近のPhotoshopにはHDRのコマンドもついています。
しかし、HDRに特化した「Photomatix」などが機能的に優れていますし使いやすいと思います。

犬をどう見せるか・・悩むところですよね。
犬は人間の都合をいつも考えてくれるわけではありませんし。
レンズ交換できる一眼レフなら、ボケも楽に表現できますね。
おっしゃるように背景と犬・・・どれをどう選ぶか写し手のスキルの見せどころですね。
2009.12.18 18:19 | URL | #- [edit]
ぼのとーちゃん says...""
■lovepapiさん

コンデジでも、同じような画像は作れます。
いろいろとソフトがありますが、覚えるのも面倒ですよね。
いつか気が向きましたら挑戦してみてください。
愛犬の新しい表情を楽しむ手段になるかもしれません。

新しい服は色あいがとてもいいと思っています。
茶色にちょっとくすんだ緑が合っていると感じています。
しかし、ぼのは服が大嫌いです。
毎回、服を着せると耳がダランとたれて落ち込む様子が激しいです(笑
この世の終わり・・といった表情です。

夢、不思議ですよね。
自分もよく夢は見ます。
ぼのが家に来てから、ぼのも夢にしばしば登場してきます。

夢の中でネコでしたか。
我が家でも、ぼのの前にいた猫の魂がちょっぴりぼのに入っているかもしれないと思っています。
家に来た頃、びっくりするくらい以前の猫と同じ表情をしていた時がよくありました。
おもしろい夢、ありましたらまた聞かせてください。
2009.12.18 18:22 | URL | #- [edit]
ぼのとーちゃん says...""
■ぼのファンさん

カメラは一眼レフじゃなきゃダメというわけではありません。
コンデジでも十分です。
被写体が動いていても大丈夫です。
一枚の写真からHDR風な画像は作れますが、下準備に画像補正用のソフトが必要になってきます。

過去にHDR化した画像は使っていません。
今回だけ、こんな写真も・・といった意味でご紹介しました。
今後もHDR画像は使わないかもしれません。
かーちゃんも面倒なことはキライなので(**;;)

いつもイラストについてご意見いただけて感謝しております。
歴代ぼののイラストの件、検討いたします。

この文章を書いている今、足の間でぼのが寝ていますので腰が痛くなって仕方ありません。
この数日で年賀状の絵を作らないといけないのですが、来年の寅年は無視してぼのの絵にするつもりです
2009.12.18 18:24 | URL | #- [edit]
k.s says...""
とーちゃんさん、今晩は
う~む、奥が深い記事ですね、カメラ難しいです

私はRAWで撮って、カメラに付いていたソフトで
編集して、トリミングツールでリサイズする位しか出来ません
皆さん、上手な写真をUPされているので羨ましいです

私の写真はブレブレばかりです。e-454
2009.12.18 19:32 | URL | #- [edit]
ぼのとーちゃん says...""
■k.sさん

カメラは奥が深いですね。
自分も一歩、足を踏み入れただけにすぎません。

k.sさんもRAWで撮影されているんですね。
私の場合はjpgです。
RAWの膨大な情報量を扱いきれないという事もありますが、ブログで使う写真でしたら高解像度jpgで十分すぎるほどと思っています。
ファイルも軽いですし、かなりの枚数を撮影してもメモリカードを圧迫しないのはありがたいです。

写真撮影も毎回が修行のようなものですね(^^)
何をどう撮れば、どう写るのか・・・それを十分に理解するには経験をどれだけ重ねているか、それだけしかないように感じています。
いいショットを狙ってもうまくいきません、相手が犬だけに。
とにかくシャッターを切りまくる、それを心がけています。
自分の写真もブレブレが大量に発生します(笑
それでも、その中に1枚でもイイものが出てくればラッキー。
写真とはそんなものなのかもしれません。
フィルムカメラとは違い、気楽にシャッターが切れるというデジタルの最大の利点ですね。

お互い、犬のいい表情が撮れるように頑張りましょう(^^)
2009.12.19 02:13 | URL | #- [edit]
ゆゆ says...""
これはオリンパスのポップアートフィルターで撮影した写真に似ていますね。
ポップアートフィルターは赤と緑を強調するそうです。
そしてHDRと似た、絵画っぽい写真になります~
私、結構好きです♪
2009.12.19 08:32 | URL | #18h2sYkI [edit]
ぼのとーちゃん says...""
■ゆゆさん

ポップアップフィルターはあくまでもフィルターですので、HDRとは基本的に違ってきます。
でも、楽しさは同じかもしれませんね(^^)
デジカメの楽しみ方は今後どんどん増えていくと思います。
楽しければ、なんでもいいや・・・ですよね~(^^)/
2009.12.19 11:45 | URL | #- [edit]
はじめまして says...""
マダパピさんのブログより参りました。
いつもかわいいぼのくんを拝見させていただいておりました、そこで
綺麗なお写真を拝見し是非伝授していただきたく思い初見ながらコメントいたしました。
動きのある被写体に対してどうやってHDR化されたんですか?
ちょっと調べてみたのですが、静止した物へのHDR化しか見当たりませんで…(汗)
使用カメラやレンズ、設定や、使用ソフトなどよければ教えてください(><;)
いきなり不躾な質問を申し訳ありません、とっても素敵で是非お伺いしたく思いました
宜しくお願い致します。
これからもブログ頑張ってください(^▽^)
2009.12.25 12:28 | URL | #- [edit]
ぼのとーちゃん says..."HDR化の説明"
はじめましてさん、こんにちは、はじめまして(笑

こちらの説明も不足気味でなかなかうまく伝わらなかったかもしれません。

HDRは撮影された画像に対して行う作業ですので、写真の絵が動きのあるもの、あるいは景色のような動きのないもの・・・どちらでも同じと考えていいと思います。

ブラケット撮影をひょっとして連射と同じとお考えになったのであれば、こちらの説明不足でした。
ブラケット撮影はシャッターは1回切るだけですが、連射はご存じのようにシャッターが連続して切れます。
ですので、連射は連続する「違う写真」が出来あがってきます。
ブラケット撮影はまったく同じ写真の「露出違い」のものが数枚出来あがってきます。

ブラケット撮影が面倒・・・といった場合でも、すでにある画像、あるいは1枚だけの撮影でもHDR化は可能です。

画像に対して行う作業ですので、使うカメラは一眼レフでもコンパクトデジカメでも、どちらでもかまいません。

自分の場合はAdobeのPhotoshopと、HDRに特化されたソフトPhotomatixを使っています。

■■1枚の画像で作る場合■■

●Photoshopで作る場合
1枚の画像から作る時、 「イメージ」メニューの「色調補正」-「明るさ・コントラスト」の「明るさ」を使い、少なくとも3種類明るさの違う画像を作ります。
たとえば3枚作るとして、数値を「-50」「0」「50」といったように明るさを変えてそれぞれを保存します。
必要であれば、3枚以上、5枚、6枚と増やしていくこともあります。
このあたりは好みでしょうか。

この3枚の画像をメニューの「ファイル」-「自動処理」-「HDRに統合...」でHDR化することが出来ます。

ですが、HDRのコマンドがあるのはPhotoshopのバージョンCS2以降になります。


●PhotoshopとPhotomatixで作る場合

Photoshopで作った3枚の画像をPhotomatixでHDR化します。
PhotomatixはHDRを作成するためのソフトですので、Photoshopには無い細かな設定が可能です。
数値をいろいろといじることによって思いがけない絵が出来上がってくるのは、このソフトのおもしろいところです。
逆に言えば、自分が求めてる絵を作るのに、どこの数値をどう動かせばいいかが最初はなかなか理解できにくいという面があります。
ただ、それほど難しいソフトではないので自分なりの試行錯誤の中でベストな設定を見つけることが最初の作業になります。
どんな数値設定が「正解」ということがありません。

「Photomatix」でウェブ検索しますと、使い方などたくさんのサイトを見つけられると思います。

Photomatixは確か、「お試し版」がダウンロードできたと思います。
試しにお使いになられてはいかがでしょうか。


ぜんぜん説明になっていない文章ですみません。
とにかく、なんでもいいからトライしてみるのが一番の近道だと思います。
思いがけず、素晴らしい発見があるかもしれません(^^)
2009.12.25 22:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pukutama02.blog36.fc2.com/tb.php/248-5d5a66ce
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。